診療メニュー

不妊治療

不妊症とは

不妊症とは、結婚して子どもを望み正常な夫婦生活を営んでいるにもかかわらず、1年以上妊娠しない状態のことをいいます。最近では不妊症でお悩みの夫婦も多く、子どもを望んでいる20歳から45歳までの夫婦の約15%が不妊であるといわれています。

考えられる原因(女性)
  • 排卵障害
  • 卵管が詰まっている
  • 卵管と卵巣の癒着
  • 子宮内膜の異常
  • 子宮の発育不全
  • ホルモン異常
考えられる原因(男性)
  • 精子減少症
  • 乏精子症
  • 精子無力症
  • 無精子症
  • 性交障害
  • 精管通過障害

不妊治療ってどんなことをするの?

妊娠が成立するまでには、排卵・受精・着床などの多くのステップがありますが、それらはいずれもあなたの身体の中で起こるものです。そのため、まずはあなたの身体を元気な状態にしていくことが大切です。子宮・卵子の状態を元気に整えるための治療として、ホルモン剤の投与などの治療法が用いられています。

あなたの身体、子宮の状態を元気に整えるための体質改善ケアもご利用ください。

はじめて不妊治療される方へ

当クリニックでは、自然妊娠(人工授精を含む)を望む方を応援しています。主に内服・注射を用いた軽度~中等度の不妊治療を行います。

患者さまの不安を軽減して、安心してスムーズに治療に望めるよう、今後の治療スケジュールや必要な検査などを知っていただくため、看護師による説明会を実施しております。

おひとりおひとりに合った治療をご提案いたします

当クリニックでは、内服・注射を用いた軽度~中等度の不妊治療を行います。人工受精も行います。検査を受けていただいて、経過を診ていけば、本当に不妊症かどうか、不妊症と考えられる場合にはその原因として何が考えられ、どのような検査・治療が必要になるのか。さらに必要に応じて、体外受精をはじめとする高度不妊治療を行う施設へ紹介させていただきます。

まずはお気軽にご相談ください。無料のメール相談も承っております。

婦人科

  • 不正性器出血
  • 月経痛および月経前後の不快感
  • 月経異常
  • 帯下(おりもの)
  • 下腹腹痛や下腹部違和感
  • 外陰部のかゆみ

更年期相談

更年期の不快な症状は人それぞれ。おひとりで悩まずご相談ください。

更年期障害と一口にいっても、その症状、時期、程度、感じ方にはかなりの個人差があります。
当クリニックでは、おひとりおひとりのお体、目的、考え方に沿った治療法を探し、ご提案しています。

更年期障害とは

更年期とは、45歳から55歳ぐらいまでの時期を言います。そして女性の生理がとまるのは平均で50歳前後といわれています。この閉経によって現れる体調の変化全般が、更年期障害と呼ばれています。女性ホルモンが不足することで起こる症状で、以下のような症状が一般的です。

全ての女性に更年期はやってきますし、重い・軽いの差はあっても、誰もが更年期障害を経験します。つらいときは無理をせずに周囲や医師に相談して下さい。

ただし、更年期だと思っていたら別の病気が隠れていた、ということも決して少なくはありません。たとえば、耳鳴りはよく見られる更年期障害の症状の1つですが、それに吐き気が伴うようであれば、耳鼻科系の疾患である可能性もあります。不快な症状がつづくようであれば、まずは医師に相談しましょう。

更年期症状によく見られる症状(一例)
  • 顔がほてる、のぼせる
  • 汗をかきやすい、寝汗をかく
  • 体が冷える、顔はほてるのに手足は冷たい
  • 動悸がする
  • 息切れがする、呼吸が苦しい
  • 頭痛がする
  • めまいがする
  • 耳鳴りがする
  • 口が渇く
  • 肌が乾燥する、身体がかゆい
  • 疲れやすい
  • 不安感
おひとりお一人に合った治療法をご提案

当クリニックでは、ご相談頂きました患者さまの症状に合わせておひとりおひとりのお身体の状態や目的、考え方に沿った形での検査・治療を提案させて頂きます。お薬の使用が有効であると思われる方に対しては、女性ホルモン剤、漢方薬、その他のお薬の中から最良と思われるお薬の組み合わせを一緒に探していく形をとってまいります。まずはお気軽にご相談ください。無料のメール相談も承っております。

ピル

当クリニックでは女性特有の様々なお悩みに対して、ピルの利用による解決法を提案していきます。「ピル」の服用を考え始めた若い女性が、婦人科のクリニックに訪れる抵抗感を少しでも減らせるよう、丁寧で十分なご説明を心掛けております。

ピルのメリットって?

「避妊薬」のイメージの強いピルですが、ピルのメリットはそれだけではありません。
ピルには、避妊効果はもちろんのこと、生理周期の改善や調節、生理痛の改善など、様々なメリットがあります。

ピルのデメリットって?

「一番多い心配は薬による副作用だと思います。副作用のほとんどはマイナートラブル(頭痛や軽い吐き気など)と呼ばれるものです。しかし服用を続けるとだいたい3ヶ月以内でおさまります。デメリットについては、まずはよく知ることが大切です。 詳しくはこちらのサイト"OC-for-me"をご覧ください。

避妊・中絶

安心とプライバシーに配慮した医療を提供いたします

妊娠初期の流産、もしくはやむを得ず妊娠の継続が不可能である方に対して母体保護法に従って中絶手術を行っております。「健康」「プライバシー」に配慮した医療を提供いたします。また、現金を持ち歩かなくてもいいように各種クレジットカードによるお支払いに対応しています。

人工妊娠中絶について

人工妊娠中絶は、” 10代や20代の若い女の子の問題”だと思っていませんか?実は、決してそうではないのです。 厚生省の調査によると、実は10代よりも30代の女性の方の人工妊娠中絶件数のほうが、圧倒的に多いという結果が出ています。特に40歳以上の方は、経済的・体力的などの理由により3人目・4人目を中絶せざるを得ないケースが多いようです。

人工妊娠中絶は、妊娠する可能性がある体である限り、どの年代の女性にとっても大きな問題なのです。

中絶を繰り返さないために

女性の身体面、精神面双方への影響を考えても、中絶を繰り返すのは決して好ましいことではありません。避妊が失敗した場合、肉体的・精神的に大きなダメージを負うのは男性ではなく女性です。当クリニックではそのような重大な行為を男性に任せるのはよくないと考え、適応があると考えられる方に対して避妊ピルの服用や避妊リングの使用をお勧めしています。副作用や金銭面など不安を抱える方、面と向かって話しづらい方も多いと思われますので、当サイトにて無料でメール相談にも応じさせていただいております。まずはお気軽にご相談ください。

「健康面」への配慮

人工妊娠中絶の手術を受けるにあたっては、手術による体への負担はもちろん、皆様、術後の「感染」や「月経不順」「不妊症」を心配されます。人間が人間に対して行う医療行為に“絶対の安全”などというものは存在しません。しかし、当クリニックにおいては“絶対の安全”に近づけるよう、絶えず努力をしております。最新の医療器具を揃え、十分な経験を積んだスタッフが責任を持って対応いたします。

「プライバシー」への配慮

クリニック案内でご紹介しておりますとおり、当クリニックでは質の高い医療を提供するのは当然として、なによりも患者さまに対するプライバシーとお待ち頂く時間・空間への配慮を重視しております。
どのような理由であれ、人工妊娠中絶には大きな精神的負担がかかります。当クリニックは、健康面だけでなく、患者さまとそのご家族に対する精神面への負担を少しでも軽くできるように配慮いたします。

がん検診

女性特有のがんを早期発見いたします

子宮頸がん・子宮体がん、卵巣がんなどの女性特有のがん、その他骨盤内疾患などの検診を行っております。
公費・自費にて子宮頚がん・子宮体がん・卵巣がん・その多の骨盤内疾患のチェックをいたします。
当クリニックでは、検査を行うだけではなく、十分なお時間を取って、女性器疾患はもちろん、その他の様々なお身体についての不安に対しても、ご相談をお受けしております。

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんはワクチンの摂取により防ぐことができます
子宮頸がんの原因はウイルス

子宮頸がんの原因は、ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染です。 性交渉によって感染するごくありふれたウイルスで、すべての女性の約80%が一生のうちに一度は感染しています。
しかし、HPVに感染しても90%以上は体内から自然消失し、消失しなかったウイルスがさらに子宮頸がんに進展するのはそのうちのごくわずかです。 感染から子宮頸がんになるまでには、通常、数年~十数年と長い時間がかかるので、定期的に検診を受けていれば子宮頸がんになる前の状態で発見することができます。

また、ウイルスの感染はワクチンの接種によって防ぐことができます。子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因となりやすいHPV 16型とHPV 18型のウイルスに対する抗体をつくらせるワクチンです。 3回のワクチン接種で、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。

産科

当クリニックでは分娩の取り扱いはいたしておりません。近隣の病院や里帰り分娩を予定されている妊婦さんに対して妊婦健診をいたしております。
妊婦健診では、愛知県内の市町村が発行する妊産婦受診票をご利用いただけます。他県の受診票をお持ちの方はご相談ください。

一番上に戻る